野球肘についての研修会


12月17日18日(土日)に京都の同志社大学にて野球肘についての研修会が行われました。

研修名は神楽坂スポーツ医学セミナー。

全国から第一線で活躍されている医師や理学・作業療法士、トレーナーや指導者の方々が集まり、野球肘について熱く議論がなされました。

新たな知見やリハビリの方法、最新の治療法など、とても勉強になるものばかりでした。

今回はチームドクターの斎藤先生、代表の芳村が参加をしてきました。

研修の途中に進行の柏口先生からご指名があり、斎藤先生が300人の観衆の前に出て、徳之島の現状とメディカルチームの宣伝をしていただきました。

プロの選手を多く診療にあたってる千葉県の船橋整形外科 肩肘専門の菅谷先生や理学療法士の鈴木先生、徳之島の野球肘検診医師として第1回目から来てくださっているダイナミックスポーツ医学研究所の柳田先生。

多くの方とお話する事ができとても有意義な時間となりました。

また最終日は徳之島高校野球部卒業で現在リハビリの学校に通っている大山君、琉君と会うことができ、彼らが将来資格をとりメディカルチームのメンバーとして活躍してくれることを願い、今は私たち徳之島にいるメンバーでなんとか形をつくっていけた思います。


閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示