家族との向き合い方

1DAY方眼ノート講習

今をより良く生きるには?

結論:一人で悩まない(紙1枚に整理することで見えてくる解決策)

・家族との関わり ・自分自身との向き合い方 ・仕事の引き継ぎ ・学校との兼ね合い

今回は講習後にオフ会を開催(16:30〜18:00) 前回方眼ノートを受講した小学校の先生方が実際に現場で取り組んだ事例を検証。

次につながる第一歩が見えたと喜んでいました。 少しずつですが現場で実践されていくことが増えてきています。

こんな経験ありませんか?

悩んでいる人から相談を受けたときに自分の持っている知識を一生懸命話をするがあまり伝わってないなと感じること。

今学んでいることをどのタイミングで表出するか。タイミングを間違うと中々相手に伝わらない。ヒットしない感覚。 方眼ノートで会議や話し合いをすることで短時間で情報を伝達でき即時に行動できる内容を導くことができます。 また相手が欲しい結果をすぐに手渡すこともできます。



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示